読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーンランドカップ(2016)の出走予定馬を考察!

キーンランドカップの出走予定馬、過去のデータや傾向、サイン競馬など、キーンランドカップを様々な点から分析・攻略します!

キーンランドカップ(2016)の騎手|騎乗停止明けの武豊!香港の名手モレイラ!復活の岩田?!

キーンランドカップ(2016)の想定騎手

キーンランドカップ(2016)注目馬の騎手

ソルヴェイグ(鞍上:丸田恭介

ソルヴェイグ,丸田恭介

前走の函館スプリントSではテン乗り、初の函館、12番人気の低評価という壁を乗り越えて見事に重賞2勝目のタイトルを獲った。逃げ馬をマークして進み、直線で抜け出しシュウジとの追い比べを制して優勝。ノーマークで斤量も50kgと軽かったことが嵌った。次はマークも厳しくなるし、斤量も52kgと軽いとは言えプラス2kg。騎手にもプレッシャーがかかる故、前走よりも条件は厳しい。

レッツゴードンキ(鞍上:岩田康誠

レッツゴードンキ,岩田康誠

前走はソルヴェイグシュウジと同じ函館スプリントSで、3着に入着。吉田隼人騎手から今回岩田騎手へと乗り替わり。去年は桜花賞を制したコンビだし、もとの主戦騎手に戻ることはプラスと考えたいが、今年の岩田騎手は未だに重賞未勝利と不振。馬の方はスプリント路線で花開きそうな気配もあるし、デビューの地札幌は馬券を外したことがなく、合いそうである【1-0-1-0】。岩田騎手とのコンビで復活Vに期待。

シュウジ(鞍上:J.モレイラ)

シュウジ,J.モレイラ

モレイラ騎手とは今回初コンビを組む。言わずと知れた香港の名手だ。先週は国内の札幌記念でモーリスに騎乗して2着に入着。前走で洋芝が合うことが証明され、モレイラ騎手も確保できた陣営の本気度は高そうだ。折り合いが難しい馬ということと、重馬場の場合は注意が必要。

ブランボヌール(鞍上:戸崎圭太

ブランボヌール,戸崎圭太

戸崎圭太騎手とは今回初コンビを組む。近2戦は三浦皇成騎手で掲示板を外しており、この乗り替わりはプラス材料。1200mは2戦2勝、デビューは函館で2歳時は函館2歳Sを優勝。洋芝適性、距離適性ともに高そうだ。斤量51kgという軽さもプラス材料。新潟リーディングをけって、減量があるにも関わらずこちらを選んだのだから期待したくなる。

オメガヴェンデッタ(鞍上:武豊

オメガヴェンデッタ,武豊

前走はキーンランドカップと同条件である札幌1200mのUHB賞(OP)をC.ルメール騎手で4着に入着。2走前の函館スプリントSまでは3戦続けて武豊騎手が手綱を握っていたので、乗り替わりについてはとくに不安はナシ…と言いたいところだが、騎乗停止明けで、父・武邦彦氏の逝去から間もないこともあって武豊騎手の精神面も心配。父へ勝利を手向けることができるか。

 

3連単の予想はコチラ↓
3連単の買い目を無料配信中。馬券を組み立てる際の参考にもしてもよし!そのまま買い目に入れるも良し!
→キーンランドカップの3連単買い目はコチラ(無料)!
3連単1点勝負

 

 


キーンランドカップ(2016)の出走予定馬を考察!のTOPへ戻る