読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーンランドカップ(2016)の出走予定馬を考察!

キーンランドカップの出走予定馬、過去のデータや傾向、サイン競馬など、キーンランドカップを様々な点から分析・攻略します!

キーンランドカップ(2016)のブログ予想|シュウジ、ドンキ、ソルヴェイグ、どれを切る?

2016 シュウジ レッツゴードンキ ソルヴェイグ

シュウジ,レッツゴードンキ,ソルヴェイグ

今週末はサマースプリントシリーズの第5戦「キーンランドカップ」が札幌で開催。秋のスプリンターズSに向けての前哨戦としても有名な同競走は実力馬の参戦が多い。登録馬を見る限り、今年はなかなか良いメンバーが揃っている。

第11回キーンランドカップ(G3)登録馬14頭

シュウジレッツゴードンキソルヴェイグの3頭が人気の中心になりそうだ。

シュウジ

1番人気の最有力候補。2歳時に小倉2歳Sを優勝し、前走は函館スプリントSで2着に入着しており、1200m戦はこの2戦のみだが連を外していない。加えて香港の名手、J.モレイラ騎手が手綱を握ることでさらに人気を集めそうだ。

斤量が53kgと軽量なのもプラス材料。唯一の不安は折り合いくらいだろうか。1200mだし、モレイラなら、という期待はあるが、当日の馬場のこともあるので慎重になる必要があるが、やはりここは素直にシュウジを軸に組み立てるのが無難な気もする。

レッツゴードンキ

個人的にはすごく好きな馬。前走函館スプリントSソルヴェイグに敗れての2着。吉田隼人騎手から岩田騎手に手綱が戻ることになるが、岩田騎手は今年いまだに重賞未勝利。かつてのアグレッシブな騎乗はどこへ?というくらいに大人しくなってしまった岩田騎手。良い馬に乗れるので挽回してほしいところだが、正直なところ買いづらい。

ソルヴェイグ

前走の函館スプリントSではシュウジレッツゴードンキをおさえて優勝。逃げ馬をマークして2番手追走から最後は追い比べをハナ差で制した。50kgという軽い負担重量だったこともあったが、短距離は向いてそう。今回斤量はプラス2kgの52kg。鞍上の丸田騎手は前走の函館スプリントSで約1年8ヶ月ぶりの重賞V。重賞ではなかなか絡むことがない騎手なだけに不安。切るならここかな。

シュウジレッツゴードンキ馬連1点だけでもいいかな、というくらいに堅そう。基本的にはシュウジを軸に買っていく方向で、広げるとしても他に気になっているブランボヌールアクティブミノルの2頭を追加するくらいで考えている。

あとは枠順と馬場を見て最終的に馬券を組み立てたいと思う。

 

3連単の予想はコチラ↓
3連単の買い目を無料配信中。馬券を組み立てる際の参考にもしてもよし!そのまま買い目に入れるも良し!
→キーンランドカップの3連単買い目はコチラ(無料)!
3連単1点勝負

 

 


キーンランドカップ(2016)の出走予定馬を考察!のTOPへ戻る