読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キーンランドカップ(2016)の出走予定馬を考察!

キーンランドカップの出走予定馬、過去のデータや傾向、サイン競馬など、キーンランドカップを様々な点から分析・攻略します!

【キーンランドC予想2016】消去法で6頭まで絞る!データをもとに消していこう!

キーンランドカップ(2016),消去法で予想

キーンランドカップ(2016)の予想・消去法

今週末の札幌メインはキーンランドカップが開催。秋のスプリンターズSの前哨戦としても有名で、集まるメンバーのレベルは高い傾向にある。

今年もシュウジレッツゴードンキ、そして前走の函館スプリントSでこの2頭を破ったソルヴェイグと中々のメンバーが揃った。人気上位が強く、馬券の買い目の絞り方に迷うファンも少なくないのでは。

そこでオススメしたいのが「消去法」を使った馬券考察法。選ぶのが難しい時は逆に捨ててみようじゃないか!というスタイルの予想法。

何よりも重要なのは期待値の低い馬券はどんどんカットしていくということ。

重要視されているデータに当てはまらない馬は思い切って切っていきましょう

第11回キーンランドカップ(G3)枠順
馬番馬名性齢重量騎手
1 1 セカンドテーブル 牡4 56.0 水口優也
2 2 ファントムロード せん8 56.0 川田将雅
3 3 エポワス せん8 56.0 M.デムーロ
3 4 シュウジ 牡3 53.0 J.モレイラ
4 5 ソルヴェイグ 牝3 52.0 丸田恭介
4 6 オメガヴェンデッタ せん5 56.0 武豊
5 7 サドンストーム 牡7 56.0 C.デムーロ
5 8 ホッコーサラスター 牝5 56.0 池添謙一
6 9 サトノルパン 牡5 57.0 C.ルメール
6 10 アクティブミノル 牡4 58.0 藤岡康太
7 11 オデュッセウス 牡3 53.0 内田博幸
7 12 レッツゴードンキ 牝4 55.0 岩田康誠
8 13 ナックビーナス 牝3 51.0 酒井学
8 14 ブランボヌール 牝3 51.0 戸崎圭太

まずは過去10年のデータと傾向から消去していきたいと思う。(キーンランドカップの過去10年のデータはコチラ)まずは過去10年のデータから、データ的に来づらいところから消していきたい。

脚質の傾向を見ると、逃げが【1-1-0-7】不振。あとは馬番の最内1番が【0-0-0-9】不振。今回最内1番に入ったのはセカンドテーブル。どうしても逃げなければダメという逃げ馬でもないが、セカンドテーブルはメンバーの中では逃げそうな最有力候補。最内ということもあって逃げるのが有力だ。データ的に来ない逃げ馬と1番が当てはまるということでセカンドテーブルは切り。

人気で見ると、過去10年5番人気【0-0-1-9】と6番人気【0-2-1-7】からは勝ち馬が出ていない。現在(8/26)netkeibaで見た予想オッズの人気順によると、5番人気はオメガヴェンデッタ、6番人気はサトノルパン。当日の人気見てからだが、ここも消してく。

単勝オッズのデータを見ると、50.0~99.9倍は【0-0-0-19】と1頭も馬券に絡んだことがない。2008年に100倍以上の最低人気が優勝して大荒れしているが、それを除けば50倍代以上の馬で馬券に絡んだのは1頭のみ。データにのっとって50.0~99.9倍代は消していく。まだオッズが決まっていないので予想の段階だが、サドンストームオデュッセウスファントムロードはこのへんのオッズになるのではと予想。ということで3頭消し。

今のところ6頭消して、残ったのは以下の8頭。

エポワス
シュウジ
ソルヴェイグ
ホッコーサラスター
アクティブミノル
レッツゴードンキ
ナックビーナス
ブランボヌール

もう少し消去していこう。

今回牝馬の出走も多いが、牝馬のデータを見てみよう。当日10番人気以下の牝馬は【0-0-0-21】と不振。これに当てはまるのはナックビーナスホッコーサラスターの2頭。これも当日の人気を見る必要があるが、netkeibaの人気では10,11番人気となっているので消していこう。

残ったのは6頭。

エポワス
シュウジ
ソルヴェイグ
アクティブミノル
レッツゴードンキ
ブランボヌール

やはり人気薄ばかりが消えていったかたちとなったが、とりあえずはこの6頭までは絞られた。この調子で期待値に低い馬からどんどん消していこう。まぁあくまで一部のデータをもとに消していったので、他のデータを参考にすれば消される馬も変わってくるだろうが、消去法の参考にしていただければと思う。

 

3連単の予想はコチラ↓
3連単の買い目を無料配信中。馬券を組み立てる際の参考にもしてもよし!そのまま買い目に入れるも良し!
→キーンランドカップの3連単買い目はコチラ(無料)!
3連単1点勝負

 

 


キーンランドカップ(2016)の出走予定馬を考察!のTOPへ戻る